知ってみると面白い、CAE、PLM、クラウドについて

物事を効果的に回す、CAE、PLM、クラウドの仕組み

用語の概要

現在は高いレベルでIT社会への移行が進んでおり、我々の周りにもITを利用したシステムやサービスがたくさんあふれています。
ただ、利用する側としては提供する側が分かりやすく説明してくれていたりするので、普段の生活において特に問題が発生することは少ないですが、その実態についてはよく分かっていないことが多いです。それもそのはず、実態を理解しようとなるとかなり専門的な内容になり、利用側としてはそんなのは必要ないでしょう。

しかし、そういった内容を知っておくと、「あれはそういうことだったのか」と、意外な理解が深まるかもしれません。
というわけで、IT用語のうち、CAE、PLM、クラウドについて、分かりやすく、抽象的に紹介していこうと思います。

CAEとは、工業製品の設計や開発を補助してくれるコンピュータシステムのことで、CAEのシステムが開発される前とあとでは製品開発の時間やコストが圧倒的に変わっています。
CAEで製品を作ると流通させていかないといけないわけですが、設計から流通、廃棄までのすべての流れを包括して管理する概念がPLMです。PLMを適用して製品のあらゆる課程を管理できれば、CAEと同様に大幅な時間・コストの削減につながります。

CAEやPLMとは若干別分野になりますが、これらの働きを助けてくれるのがクラウドコンピューティング、略してクラウドです。
クラウドはネットワークを使って様々な機能・サービスをインターネット上で行えるようにしたもので、こういったITの専門分野だけではなく、広く使われている技術です。

おすすめサイト